量では見えにくい一面もあるのですが理系専

2月 19, 16 • 未分類コメントは受け付けていません。Read More »

量では見えにくい一面もあるのですが、理系専攻の学生の主な就職先であるソフトウェア開発などIT業界も、労働者から見ると、危険な業界に入ると言えるでしょう。
また小売の世界では、大手のアパレルの退職率が半数になることが報告されています。これらのように、飲食や小売りはブラック企業がよくあるというのが通常の印象となっているのです。ブラック企業が「うちはブラック企業だ」ということはまずありえませんが、その企業が出している求人広告を確かめると、ブラック会社だからこそのキャッチコピーを確認することが出来るでしょう。飲食・小売の業界と同じく新興企業・急成長企業が多いこの世界では、労働法を守る意識が業界内で低い傾向にあるほか、相手がコンピュータである一人作業の多いプログラマーのSEの仕事は、他業種と比べてもうつを発症する危険が高いのです。最初の指標は「業種」です。どういった業界にブラック企業が多いか、傾向を見てみよう。過労死者が多いのはまず飲食業です。
激しいスパルタ教育の様子がテレビで取り上げられ、非難された例もあります。

Comments are closed.