説明文においては新品か中古か中古の場合は傷つ

2月 28, 16 • 未分類コメントは受け付けていません。Read More »

説明文においては新品か中古か、中古の場合は傷ついている部分が見られたり汚れがあるときにはその旨も記載するとよいでしょう。写真でキズ及び汚れている箇所を撮れば、購入する側にとっても判断材料になるでしょう。
そういったものを処分できたらと考えたとき、一昔前の頃は、近くで開催されるフリーマーケットで販売するか、もったいないと感じながらもゴミとして出すか、二通りの選択肢しかなかったのです。次に、商品の名前並びに説明文、価格、どういった配送方法にするかを入力します。
商品名は洋服ならば、ブランド名並びにカラーやサイズなど、家電なら、メーカー名に加えて型番などを入力しておけば分かりやすいと思われます。しかし現在、自宅にいながらいらないものを販売できるフリマアプリというアプリが存在しています。
必要なものはスマホのみで、まず始めにスマホにフリマアプリをインストールしてみましょう。
これによって、相場よりも安ければ即購入者が現れることもありますし、高い値段であればいつまでも売れないかもしれません。また、購入希望者から安くしてほしいと交渉がある場合もあるでしょう。

Comments are closed.