自分がどういう体質なのかどうすれば減量可能か

2月 1, 16 • 未分類コメントは受け付けていません。Read More »

自分がどういう体質なのか、どうすれば減量可能かを「遺伝子検査」を行い知ることができます。
一昔前であれば遺伝子検査は医学上のものだったのですが、今では誰でも手軽に自宅で遺伝子検査を受けることができるようになったのです。
このタイプに分類される人は、体質的には痩せやすいのですが、逆にリバウンドもしやすいタイプと言えます。
このタイプに分類される人は、糖質の多くない食事を摂ると共に、糖質を燃焼してくれると思われているたくさんのビタミンB1を摂ることで減量効果が見込めるでしょう。
まず最初に、検査を受けることができる企業から検査キットを取り寄せてください。
そして、検査キットには綿棒が含まれているので、この綿棒を用いてほほのあたりにある粘膜を採取します。そして最後にその粘膜を付けた綿棒を返送するのみでよいのです。
その後、だいたい2~3週間ほどで検査結果を書いた用紙が自宅に届きます。
検査キットの費用は各企業でわずかな差はあるものの、ほぼ5000円~6000円くらいです。三つ目は豆腐及び豆類などのたんぱく質を十分に摂れていないバナナ型という名で呼ばれているタイプで、外見は筋肉が少ないように見え、ほっそりとした人が多く、男女の比率は同程度です。
このタイプに分類される人は、体質的には太りにくいのですが、その反面太ってしまうと痩せるのに苦労するタイプと言えます。

Comments are closed.