肥満のタイプは四種類に分けられ三種類の肥満

3月 11, 16 • 未分類コメントは受け付けていません。Read More »

肥満のタイプは四種類に分けられ、三種類の肥満遺伝子変異が元となるものと遺伝子変異は起っておらず生活習慣が元となるものに分けられます。まず一つ目はパン及びごはんなどの糖質の代謝がうまくできないリンゴ型と呼ばれているタイプで、内臓脂肪がすぐについてしまい、女性よりも男性に多めです。
このタイプだと、体質的には痩せやすいと言えますが、その反面リバウンドもしやすいタイプと言うことができます。
このタイプの人だと、糖質が少なめの食事を摂ると同時に、糖質の燃焼効果が望めるビタミンB1をいっぱい摂取することで、減量効果が望めるでしょう。
いつだってあとちょっとだけ体重を減らせたらと考えている人は多いと思います。
ですが、痩せたいと思ってテレビで見たダイエットに挑戦したけれども痩せない、雑誌で見た方法を試しても全くダメ、という方も結構いることでしょう。
二つ目は揚げ物及びジャンクフードといった脂質の代謝が得意ではない洋ナシ型と呼ばれているタイプで、皮下脂肪がつきやすく、男性に比べて女性に多くみられます。
このタイプについて言うと、体重を減らしたいと頑張ってもすぐには痩せないタイプと言えます。
三つ目は豆腐並びに豆類などのたんぱく質が不足してしまいがちなバナナ型という名前のタイプで、見た目は筋肉が少なめで、ほっそりとした人が多めで、男女同程度の比率です。
このタイプの人の場合、体質的には太りにくいのですが、その反面一回太ってしまうと簡単には痩せにくいタイプです。

Comments are closed.