北海道へ引越すときの心構え

10月 3, 17 • 未分類コメントは受け付けていません。Read More »

移転1ご時世目線は新生活になりますのでかなりの消費がつきものですが、我々が北海道に引っ越したときは「これはお金が思い切り要するな」と感じました。東北から南の原野から引越す方は同じように受取ると思います。何より冬の支度にあたってだ。
ひとたび、クルマにスタッドレスタイヤが必要です。循環は北海道ではジャンボ愛車もない限り、使わないんです。ホイールと合わせてかなりの消費だ。
次にストーブだ。煙突仕様、あるいはFF仕様の大きなストーブが要ります。本州のタンク仕様のポータブルストーブでは初めてならないのか、と思われるかもしれませんが、では北海道の寒さに太刀打ちできません。北海道の冬場をなめてはいけませんね。北海道のホームセンターで買いましょう。
雪かき用のスコップ等も必要になります。スノーの降らない街角は前もって存在しませんので、これまたなかなか必要ですね。近所の目線もありますので、住居ぐらしをするとしても一戸建ての住宅に住むとしても、自分の家の界隈、愛車の界隈は雪かきできるようにください。これは雪国の行儀だ。
でも、ナチュラル豊かな北海道ですから、冬の大変さを捉え断ち切る心待ちがたくさんあります。本州以南には弱い時機フィーリングを満喫できますよ。
この季節になると、一所懸命頑張って卒業した、短大の習得仕様の事を思います。
本当は、ボクは短大に入学して直ちに恐ろしい疾病になり、入学して2ヶ月で長期間休学する事になってしまいました。
2時期後に復学もらえるまで回復し、さらにはじめ年生として通学し、短大生計を満喫したのですが、二年生の中盤を過ぎた頃に再発し、また休学をする事になり、二年生をやる事になりました。
秋時分、私のスタミナがあるうちにオペを…という声明が持ち上がりましたが、ボクは取り敢えず習得のユニットが確定するまで頑張りたいという心がつよかったので、いやに駄目をしながらカリキュラムという実験に出ました。その時、私の体躯を気遣ってくれたクラスメイトには感謝してもしきれません。
最後の実験を済ませた先、当日入院をし、オペをしました。
私の習得が確定したのは、オペからはじめウィーク後のため、喜ばしくて号泣したのを覚えています。
習得仕様のはじめウィーク前に退院し、終始座りっぱなしの習得仕様でしたが、ボクには一生忘れられない太陽になりました。
あの時期諦めなくて良かったってきつく憧れ、自分が成長できた事が誇らしかっただ。
短大生計5年生!!こういう点数は私の富だ!

Comments are closed.