トロンボーンは金管楽器のひとつの種類であり

7月 26, 16 • 未分類コメントは受け付けていません。Read More »

トロンボーンは金管楽器のひとつの種類であり、U字型の長い2つの管を繋げた形状になっており、スライドを伸縮させて音の高低を生み出します。
クラシック音楽やジャズなど、いろんな分野で活用されています。弦長が長いコントラバスは、長い余韻があり倍音の原理を利用して出す高音もかなり豊かです。
弦を弾く時や長い持続音では満たされた豊かな響きが得られ、合奏全体が包まれたような素晴らしい効果が見られます。
右手の方に弓を持ち、左手で運指を行ないます。
フルートは管楽器の仲間であり、リードがないエアリード式の横笛になっています。
キーを右側にして構えて、左手の人さし指の付け根と下あご、右手の親指を使って支えます。共鳴する管の長さを変えたりして音の高低を出します。ホルンは管楽器の仲間であり、カタツムリのような円錐のような管と、ロータリー式のバルブを備えます。
音色がやわらかく木管楽器ともとても調和し、通常の木管五重奏ではホルンを加えます。
ホルンを加える。ギターが弦楽器の仲間で弦が6本使われています。
おおまかにわけると、生の音を箱状のボディーを共鳴箱として使って音を拡声させた楽器と音の振動を電気信号に変えて音を大きくする楽器のおおまかにふたつに分類されます。

Comments are closed.