にきびで悩んでいるからといって洗顔をやりすぎ

11月 15, 15 • 未分類コメントは受け付けていません。Read More »

にきびで悩んでいるからといって洗顔をやりすぎると、実際には必要な油脂まで落としてしまい、よりニキビがひどくなることもあります。
多くても洗顔は一日に二度ほどにしておきましょう。
大切なのは十分に洗顔料を泡立て、肌に直に手を触れずに、あくまで泡で洗顔をすること、さらに洗顔後は即保湿を行うことです。
吹き出物が出来てしまうと気分が落ち込みます。ところが、お肌の調子って腸内の調子と深く関係があるらしいので、腸内環境を良くしたら、意外ときれいに消えてくれます。
とりあえずお腹すっきり快便生活から始めるためにキウイフルーツなどの食物繊維が多いものを食べて、いらないものを体から排出していったら、ニキビもきれいに消えてしまいます。10代の時期、チョコレートやスナック菓子を多く食べるとすぐにニキビが出ていました。食べ物がここまで影響するんだ、と体感したものです。
その後、歳をとるとともに食生活にも注意をし、チョコレートやスナック菓子などは食べるのをやめています。その結果かニキビも完全に出なくなりました。
特にニキビというものは再発のしやすい肌トラブルとなります。キレイに治ったからといって暴飲暴食や不摂生な生活をしていると、すぐにまたニキビはできてしまいます。
繰り返しニキビができないようにするためには、肌の清潔な状態を保つようにし、バランスの悪い食生活をせず、十分な睡眠を取ることが大切なことだと思います。女性によくみられるニキビの原因のひとつとして女性ホルモンのバランスが乱れていることが影響しています。ホルモンのバランスは、ストレス下に置かれるとすぐに乱れを生じてしまうと知られています。また、特に生理前の時期は女性ホルモンが非常に乱れやすくなります。生理前にニキビの悩みを抱える女性が多いのもこの女性ホルモンの乱れの仕業なのです。

Comments are closed.